思ったこと、すきなこと、まいにちのくらしのこと

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -

おわりのはじまり
 
なにかがおわるとき、
そこに至るまでがどんなものであっても、
なつかしくなったり、さびしくなったり、
さいごに思い出すのは
ひとつひとつがたからもののような記憶と、
ことばではあらわせないここちよい感触のようなもの。
そのすべてがいまにつながっていて、
これからも自分のなかでいきていく。
うしろをふりかえると
なにかとてつもない力で引き戻されそうになってしまうから、
しっかりと前をむいて歩いていかないと。
そしていつかまた、笑いあうことができますように。

こころから、ありがとう。




日記 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |